FC2ブログ
ご家庭でも飲食店さんでも話題になっている商品
脱気シーラー「吸太郎」
2012-07-09 13.28.46_S

お店で実際に試していただけるようにデモ機を置いております。

簡単操作で脱気が出来て・サイズもとってもコンパクト!
台所の一角でも十分置けますよ!

某脱気マシン(機械は安いが袋が高い・・・)よりもランニングコストが抑えられますので、お店にも是非お勧めな商品です。
店頭で実際に触れますので、一度ご覧になってみてください。

商品説明はこちら↓をクリックしてください。
朝日産業の吸太郎は、軽量コンパクトで場所を選ばすに使える低価格な脱気シーラーです。強力な脱気能力を持ち、レストラン・飲食店・病院・研究機関・ご家庭など、様々な用途でご利用いただけます。水物用に集水タンクが付属しますので、液物商品の脱気包装にも活用できます。

脱気シーラーアスパル吸太郎AS-V-001
電源:100V 50Hz-60Hz
最大消費電力:150W
吸気性能:-68Kpa
シール寸法:275mm長さ×4mm幅
重量:3.8kg
機械寸法:380×180×80mm
付属消耗部品:ヒーター線2本、テフロンテープ2枚
推奨連続使用:吸気シール2回/分、シールのみ3回/分

※シールのみでの使用は極力お控えください。各部の劣化が早まる危険があります。

【真空パックのメリット】
(1)事前調理することで、調理時間を短縮~レストラン、ホテルなど様々な厨房で、事前調理した食品を真空パックしています。真空パックにより、食材本来の風味やうまみを逃がさない、調味料が均等にしみ込むたため調味料の使用量が少なくてすむなどのメリットがあります。

(2)テイクアウト商品、地域特産部の販売~インターネットでの通信販売、店頭でのテイクアウト商品の販売や道の駅や農家が真空パックして産直販売など、いろいろな用途で販路が広がります。

(3)効率の良い冷蔵保管が可能~真空パックすることで、商品をコンパクトに重ねて冷蔵庫に収納できます。液漏れなどの心配もほとんどありません。鮮度を保ちながら、見やすい庫内を実現します。

【ご使用できる袋について】
脱気包装をする場合は市販の業務用真空袋をご使用ください。
⇒ 低価格ナイロンポリ真空袋

【使用方法】
1)付属のチューブを本体後ろ差し込み口に差し込む。

2)トップカバーのPUSH(1)、PUSH(2)を押してカバーを開ける。

3)袋の厚みに合わせて+-のボタンでシール時間を設定

4)機能切り替えボタンを押して「脱気・シール」を選択

5)再度+-のボタンで吸気の時間を設定

6)内容物を入れた真空袋にしわがよっていないことを確認の上、袋の開口部を吸気ノズルへ挿入し機械の上にあてる。

7)トップカバーのPUSH(1)、PUSH(2)を押してカバーロックさせると、吸気が始まります。

8)脱気ポンプが停止すると、シール加熱します。

9)アラーム音がゆっくりとピピピーと5回鳴ったあと、アラーム音がピピピと短く鳴り、終了をお知らせします。

10)トップカバーのPUSH(1)、PUSH(2)を押してカバーを開ける。

※ノズルが汚れると動作不良の原因となります。ノズルが汚れた場合は、付属の取扱説明書に従って、清掃を行ってください。

宮崎のパッケージならp-maeda.com

ラッピング用品通販サイトefukuro.com

友だち追加数
2012.07.18 Wed l 商品紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://packageplazamaeda.blog84.fc2.com/tb.php/456-49a8e117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)